社内で検知された悪性通信を調査したらドメインパーキングだった話

こんにちは、イノベーションセンターの冨樫です。Network Analytics for Security プロジェクトに所属しています。

突然ですが皆さんはドメインパーキングというサービスを知っているでしょうか?詳細については後述しますが、以前イノベーションセンターの検証網でマルウェアに関する悪性通信が検知されたため通信先を調査したところ、ドメインパーキングだったことがあります。本記事ではこの調査を通して得られたドメインパーキングに関する知見とその調査過程を紹介します。また、今回紹介するドメインパーキングの悪用事例や外部インテリジェンスを活用した調査は基礎的な内容ですので、本記事は主に初学者の方の知見にしてもらうことを目的としています。

ドメインパーキングについて

ドメインパーキングとは、活用していないドメインを所有している場合にそのドメインを Web 上で保持・管理ができるサービスです。パーキングサービス利用者は DNS の設定を変更し、対象ドメインの NS レコードにパーキングサービスの権威サーバを指定することで、そのドメインの名前解決先をパーキングサービスに変更し訪問者をパーキングサービスに向けることができます。またそのドメイン宛にアクセスするとパーキングサービスが用意したページや広告が表示されるため、利用者はドメインを Web 上に保持させるだけでなく表示された広告へのアクセス数に応じた報酬を受け取ることができます。一方でこのようなパーキングサービスを攻撃者が悪用した事例も確認されています。

一般的に攻撃者が配布するマルウェアに感染するとマルウェアは C&C サーバと通信をすることで感染端末から窃取した情報の送信や新たな悪性のファイルの追加ダウンロードなどを実行することがあります。このような活動に対抗するためアナリストによるマルウェアの解析が日々実施されていて、C&C サーバの IP アドレスが判明した場合にはその IP アドレスは危険性があるものとして周知され、さまざまなブラックリストに追加されます。

しかし攻撃者は C&C サーバの宛先ドメインを攻撃活動を実施していない通常時にはパーキングサービスに登録しておき、攻撃実施時のみ名前解決先を実際の C&C サーバの IP アドレスに変更することがあります。このようにすることでマルウェアを解析されたとしても、通常時であれば C&C サーバの IP アドレスとして検出されるのはドメインパーキングの IP アドレスとなり、本物の C&C サーバの IP アドレスが発見されることを困難にできます。このように攻撃者がパーキングサービスを隠れ蓑にする事例が確認されています。

アラートの概要

本記事の冒頭に記述した通り、以前マルウェアに関するアラートを検知したことがありました。この節ではそのアラートの概要について説明しますが、このアラートから確認できた情報は下記の数点のみでした。

  • 接続先の IP アドレス
  • 接続先が何らかのマルウェアの IoC であること
  • 悪性通信が検知された端末の識別番号

上記の検知された IP アドレスを外部インテリジェンスで調査した結果、この IP アドレスがマルウェア Ursnif の IoC に含まれていることを確認できました。そのため、この時点では組織内の端末が Ursnif と関連する接続先と通信したことが疑われる状況となりました。

Ursnif について

Ursnif は 2006 年ごろ確認されたバンキング型トロイで、フィッシングメール等を契機に感染し銀行情報を窃取していました。年々機能が拡張されておりバックドアやランサムウェアとしての機能を持つ亜種も確認されています。確認されている亜種として Gozi、ISFB、LDR4 など多くが存在します。(Gozi、ISFB については Ursnif の別名として使用される場合もあります。)

これまで複数の国がターゲットにされており日本に対してもフィッシングメールによる Ursnif のばらまきを実行されたことが確認されています。

接続先についての調査

上述の通り Ursnif に関連する悪性の接続先へのアクセスが疑われる状況だったため、接続先についての調査を実施しました。

アラートから接続先の IP アドレスは把握できたため、まずは外部サービス(AlienVault OTX)が提供する Passive DNS を確認したところ、多数のドメインがこの IP アドレスを名前解決先にしていることが分かりました。また所属している AS はパーキングサービスの提供者である Sedo でした。

その後、今回のアラートが上がった端末の利用者にヒアリングを実施したところ、アラート発生時刻において過去に参加したプロジェクトで使用していたドメインにブラウザからアクセスをしていたことが確認でき、これがアラートの契機であることが分かりました。確認のため安全な環境からそのドメインの Web サイトを表示させたところ、やはり Sedo のドメインパーキングのページであり、検知された通信先は Sedo が提供するパーキングサービスであることを確認できました。

以下の画像はパーキングサービスに所属するドメインへアクセスした際の一例です。(本記事のアラートの契機となったドメインではありません。)

検知されたアラートの危険性について

過去のプロジェクトで使用したドメインへのアクセスにより Sedo のパーキングサービスが表示されましたが、これはこのドメインの有効期限が切れて廃止された後に第三者がこのドメインを取得し Sedo に登録したことが原因と考えられます。また、今回アラートが上がった接続先は Ursnif の IoC として周知されていましたが実態はパーキングサイトであり、調査した限りにおいては Ursnif の感染チェーンにおいてパーキングサービスが使用された事例は確認できませんでした。

そのことから、今回のアラートが上がった接続先の IP アドレスは本物の Ursnif の C&C サーバではなく、上述した方法で Ursnif の隠れ蓑にされたことでブラックリストに追加されたと考えられます。つまりアラートは誤検知の可能性が高く危険性は低いと思われます。

さいごに

今回は悪性の接続先(Ursnif)として検知された IP アドレスを調査し、それがパーキングサービスであることを確認しました。一方で Ursnif の感染においてパーキングサービスが利用された前例はなく、今回のアラートが誤検知の可能性が高いと判断できました。

本記事の要点は以下の 2 点と考えています。

  1. 以下の要因が重なると悪性でないドメインでもマルウェアの IoC に登録される場合がある

    • あるドメインがパーキングサービスに登録される
    • 攻撃者が C&C サーバの IP アドレスを隠蔽するために C&C サーバのドメインをパーキングサービスに登録する
    • C&C サーバのドメインがパーキングサービスに登録されている時にアナリストがマルウェアを解析し、パーキングサービスの IP アドレスをブラックリストに追加する
  2. 悪性の IP アドレスへの接続が検知されたとしてもそれがパーキングサービスであった場合には、誤検知の場合もある

ただしパーキングサービスであれば必ずしも危険性がないということはもちろんなく、マルウェアファミリーによってはパーキングサービスから配布が実行された事例もあるため、アラートが上がったマルウェアにそのような事例がある場合には EDR でパーキングサービスにアクセスした後のリダイレクト先を確認するなどの注意をする必要があります。また、マルウェア以外にもパーキングサービスへのアクセスを契機にフィッシングサイトやサポート詐欺サイトが表示された事例も確認されているため、この点についても警戒する必要があります。

© NTT Communications Corporation All Rights Reserved.